映画・音楽・TV…観たいもの聴きたいものを好きなだけ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

サブローの日

2月はあっという間に過ぎてしまって、3月ももう6日も過ぎちゃいました。
先月末まで配信だったトークライブ後編、落ち着いてみようみようと思っていたら残り2日になっていて回線が込み合うだろう最終日前日に慌てて観ました(^^;ゞ
2回観たよな観ないよな?って感じでバッタバタ(笑)
でも後編まですべて観て、トーク順は特に変更してなさげだなと。前編で記憶がワッチャワチャだったのは後半に行くほど記憶に残ってるせいだと己を納得させておきます(笑)

後編トークでカットされるとは聞いていましたが、例のお話だったようで・・・。そうか、あれがバレると全世界を震撼させちゃうからかな(笑)「ナイショの話ね」ってことでスタッフの配慮かナンチャンの配慮か配信時間の都合か分かりませんが、せめてDVDには入ってて欲しいなぁ?。あんなかわいいエピソードはなかなかないぞえ。

というわけで今回もネタバレ回避しつつ感想をば(前編はこちら
↓↓↓

▽内村vs甥っ子4日間の死闘!
熊本の実家にひとりやって来た甥っ子(4歳)との死闘4日間(笑)寝起き卓球、昼プール、日暮れ野球。この大人気ない大人vs疲れを知らない子供の構図。ウッチャン絶対に折れません(笑)「子供と対等」といってもナンチャンのようにSLにせよ新幹線にせよ、自分も同じように楽しむ中で自然と対等になってるというスタイルとウッチャンのあくまで大人として対等に接しようじゃないかというスタイル。ウッチャンスタイルは相当デフォルメされてると思いますけど、なんかその気持ちも分からんでもないなと思いつつ聞いてました(笑)ナンチャンスタイルはホント子供懐くというか喜ぶんですよねぇ。この辺は天分もあるよなぁ。

▽カットされたあの話この話
確かこの話の後かな、ウッチャン甥っ子からの電話でのポコ○ン攻撃にうんざりした話も(笑)そちらはどうなの?という流れで最近、南原家ではウンナンが並んでいるのをTVで見た優さんが「このおじちゃんだあれ」と聞いてくるそうで、なんて言ったもんだろかと迷いつつ「てるよしおじさんだよ」と返すパパの風景を話したりも(仕事仲間とか相方とかすっとばして「おじさん」ってのが親戚のおっちゃん同士ぽくてなんかよかった/笑)

ウッチャンも嬉しそうに「おぅ、そうかい」てな感じでニコニコとしたまま「今度息子を我が家に預けてみないかい?」と腕を組んで胸張ってニヤリと言われ、さんざ甥を泣かした話の後だけに片手で制しつつ「遠慮しときます」と即答で丁重にお断りするナンチャン(ミニコントの様相/笑)
配信入ると思ってたので順番をきちんと覚えてないんですが、この辺のやりとりもとても面白かったんですよ。こと子供のことになると笑いつつもハの字眉で断固として断るナンチャンと、そんなナンチャンが面白くていたずらっ子みたいになるウッチャンの図がまた(笑)

そしてこのあとの優さんとパパさんの超絶かわゆしエピソードがカット(涙)
前編出てきたウッチャンの「ま?じ?でぇ?!?」再びと、この話の後にまた「一回我が家に?」「それは本当にカンベン」の天丼も自ずとカットなのも非常に勿体無い。DVD収録を期待しましょう。
待てないわい!という方は簡単なあらすじを書いときましたんでどうぞ→こちら
文字なんかよりトークで聞いたほうが絶対面白いので、DVD収録を信じて待つ!という方は全力で回避してください。

▽女関根勤・布団の中でアイドルメドレー
▽湘南に現る!崖の上のポニョ

もうね、これが実話なのがすごいよねって話ですよ(笑)まずトンビが飛んでくるってどゆこと。無邪気な徳ちゃんかわいいのぅ。ウッチャンも「面白いから観てた」ってのはものすごい本心からでしょうね(笑)
合間の「俺に興味ないのか!」ウンナン逆転現象やら家族のポニョ話についていけないから一人で映画見に行って泣いたというナンチャンもオモロかわいかったです(笑)そして脈々とムチャ振り遺伝子をしっかり受け継いでいるゆーさんも確認致しました(笑)カットされてる話とのギャップがまたいいんですよね。


▽「子どもさんかん日」劇団リーダー・出川 まさかの大失言
ここの座長は・・・(^^;
後から「本意じゃない」ってフォローしても(笑)墓穴堀まくりっす。
チーフマネに懇々と説教されるテッチャンの図を想像してさらに笑ってしまいましたが、一方でこの仲間くらいは正直に何でも言っちゃっていいんじゃないの??なんて思ったりも。ウッチャンもテッチャンからなら後腐れなく聞き(流し)そうですしね(実際忘れてたし/笑)

▽内村 タイのファン集団からの脱出大作戦
タイに行ってもチャーハン!には笑いました食あたりするまで食べるて(子供か/笑)
ジャ○ーズの守備範囲の広さも脱帽です。そういえば1年前には相方もタイに行ってましたねぇ?、さりげなくタイ空港事情に詳しい二人(笑)

▽南原 勉強家に観られるためには?
急に出てきた単語「TooMuch」にウッチャン同様変なツボに(笑)
プライオリティがなんちゃらとかコンセンサスとか、ちょっとUN街でのカタカナ帳(だっけ?)思い出しちゃいました。あれでい?っぱいやったのに、結局何にも覚えてない二人(笑)それがいい、そこがいい。でも40超えて改めて使うのが恥ずかしいといいつつ、先日「ブラッシュアップ」をサラッと使ったらしいどこかの座長さん(笑)すっかり大人じゃないですか(当たり前か)。
が、「謝謝」と「不客気」だけでは勉強家にはみられないかもしんない(笑)
相変わらずこの変わったところからポンとやってくる表現の感じ、たまりませんな。

▽南原 親の老いを考える これはボケか天然か
これ途中でマジで心配になりましたよ(笑)
息子夫婦に結婚年数越されるかもしれない貫禄のアナーキー夫婦。
「あなたがいて私がいた」そのとーり。
「ナゼ ヌク!?」(急にカタコト?/笑)
思わぬストレートな真理付く言葉に噴出しちゃいました(笑)
株に夢中な芸人殺しのご老公もご健在のようでなによりです(笑)

■企画「書き納め」
今回は後輩からのメッセージではなく二人で書き納め。なので左右のモニターほぼ使用せず(笑)でも頭から終わりまで二人だけでたっぷりトークなので非常によかったです(^^)この企画での見どころのひとつは書き始めるまでと書き始めてから、書いてる最中、できあがりの文字、何から何まで対照的な二人(笑)
書き始めるまで墨汁入れてさらに墨を丁寧に丁寧に長いことするナンチャン、そんな相方を他所に墨汁のみで太目の筆でズバッと早々に書き出すウッチャン。書くたび文字のゲシュタルト崩壊に襲われひとり大騒ぎ(笑)そんな相方を他所にようやく静かに書き出すナンチャン。細めの筆で無言で一気にサラサラと。で結局書きあがりは同時という奇跡(編集してないですよここ/笑)。BGMは流れてなかったですけどね。

お題は”相方に来年こうあって欲しいこと”。
てっきりこのお題を聞いたときそれぞれの仕事のことかと思ってたんですが(DVD発売の予告VTRでも「舞台やりすぎ?」「狂言やりすぎ?」ってやりあってたので/笑)、さらっと二人とも体のことで揃ってたのがまた(^^)「健康第一」という明快な願いと「逆らうなそのままであれ」という案外深い(?)願い。昔「真(まこと)の夏」を「それ真夏じゃん」とサラッとつっこまれたように、今回も「”エイジング”でいいじゃねぇか」とさらりとツッコミが(笑)それに対しての”アンチ”に”アンチ”をぶつけたかったという言い訳(?)がまた面白かったです(パンチはその方が確かにある/笑)
あの掛け軸、お正月とか飾ったのかなぁ?(笑)想像するとシュールだ。

▽内村南原 齢44歳 それぞれの健康診断
そうそう掛け軸披露の前に、背が伸びただなんだと普通?に話し出す二人。いいのか?とこっちが時間を気にしてしまうくらいの自然体です(笑)こちらは少しでも長くトークが聞ければ嬉しいのでドンドンやってちょうだいという感じでしたが(^m^)
ナンチャンは175cm台に突入、そしてウッチャンも?伸びた?ホントに?(笑)
上々でやってたみたいな二人の人間ドック、また見てみたいなぁ?。
途中、鼻をカミに袖にフラリと引っ込むウッチャン。おまかせされちゃったナンチャンは姿勢講座「健康と私」(笑)「恥骨をですね」がなまってる感じなのはそこもヤワラちゃん直伝なんでしょうか(笑)こんなとこですがヤワラちゃんも第2子ご懐妊、おめでとうございます(^^)

ラストの〆トークでチケットについても触れてくれたのは嬉しいですね。
今回はまた去年以上に阿鼻叫喚だったですもんね(^^;
この年1トークはこれからも是非恒例になって欲しいですが、も少し回数増やせばもちょっとチケット問題緩和するんじゃないかな、なんて(ボソボソ)
もっといえばネットでもいいから客入れ週1でやってくれれば緩和どころの話じゃなくなるのにぃ。

VFSH0051.jpg
開場直後のステージ。舞台に一本立つマイクが見えたときはドキドキもんでした。


とにもかくにも、今回のトークライブは初めて腰をすえて聞けた二人の生トークでもありました。最初は自分が緊張しちゃいましたが(笑)トークが始まれば昔からTVで見てたまんま、そりゃもう楽しかったです。やっぱりこの人たちのトーク好きだわぁ。
気がつけばあっという間に過ぎていた2時間でした。
配信では45分+45分の90分。DVD特典になるという冒頭にあった漫才とコントが約20分強かな?それに+OPトークとカットされたトークでちょうど10分弱くらいだったってことでしょうか。全収録を期待したいですね。
特典になる漫才&コントは今度の番組改編期過ぎてからDVDになると、またそのネタ内容に一層風刺も効いていい感じになりそうな予感です。無意味に意味深ですが、観たら「ああ」と納得いくかも。どうぞお楽しみに(^^)



  1. 2009/03/06(金) |
  2. お笑い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atom04.blog63.fc2.com/tb.php/570-48f039ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。