映画・音楽・TV…観たいもの聴きたいものを好きなだけ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

このあとは!

「コラ、そこの男子共!においを嗅ぐな?」
と、思わずツッコミたくなるスポットから始まったショカツ3(笑)面白かったです♪
青野君とのコンビはいいなぁ?。仲のいい兄貴と弟みたいで。

今回の萩尾は昼食での要領の悪さやら、ひったくり犯の汚部屋を見て「普通だろ」とサラッとのたまったり、寸劇では本番弱いのに無駄(?)にイイ記憶力を見せたり。粗暴ぶりにも拍車がかかっての暴走ももちろんあって、そんなさらにキャラ立ちした部分と相変わらずな部分と、約1年ぶり萩尾キャラも随分自然に馴染んでた様子にちょい驚き(笑)なんかホント自然度増してたなぁ。他にも冒頭の極悪面免許証(でもゴールド)の写真、意外とかっこよくないか?と思ったり(笑)
それにひょいとサク越えて見せる様は、まるで刑事ドラマみたい(って刑事ドラマか)
まだまだ身軽すね?カックイ?♪

あと毎回最初に分かる、瑞希の地味?に波乱万丈な日常が垣間見えるのも個人的に好きだったり(笑)他のキャストのキャラクターもどんどん固まってきたみたいで、「水沢班」もドラマ自体も1作目2作目重ねるごとに密度濃くいい感じになってる印象。今回の本庁からの使者は影薄めでしたが、これまでに比べまだ良心感じられて良かったかな(笑)推理部分では基本的に水沢キャップが中心で引っ張るところですが、要所要所でキャップと萩尾のツートップならではの行動が感じられてたのも嬉しかったりも。ミステリーもいい意味でテレ朝ミステリっぽくなってきてるような(^^)
このシリーズは取上げるテーマが毎回シビアなんで余計コメディ部分が癒されます。

しかし俳優さんというのは身を削る職業ですね。今回の長門さんもそうですが、北の国からの地井さんもまた役柄と同じ境遇だったのは「遺言」放送当時から有名な話で。「嘘から出た真」もあれば、「真から出る真」もまたあるんですよね。つい「その心中いかばかりか」と下世話に考えちゃいますが、それは俳優さんに逆に失礼かもですね。それくらい長門さんも草村さんの演技もまた素晴らしかったです。

またオモロカッコイイ萩尾刑事と心優しき水沢班の面々に逢えますようにー(^^)

今回バックにぼ?んやり見えるのは、萩尾(シルエット風味)です。
文字で全然見えんやんか、という方に「続き」に別バージョン置いてみました。
あのジャケット裏地あったかそうだなぁ?とか思ってみてました(笑)
バラエティだとスーツ多いのに、ドラマだとスーツ着慣れない人たちやる率高いのがまたなんか面白い。




こんな感じでやんした。
しんぷる いず べすと。
萩尾ファッション何気に好きでっす♪

                  手って洗うものなのか?>


<洗いますよ(即答)


  1. 2009/04/19(日) |
  2. テレビ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atom04.blog63.fc2.com/tb.php/591-1d0416ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。